HOME>オススメ情報>庭づくりにも携わるからこその価格が評価できる

庭師にも成り変わる

園芸

農業やガーデニングに関する知識を持つのは植木屋です。植木の栽培から販売のみならず、近年は注文住宅のガーデニング需要もあり、造園や手入れなども担うようになりました。しかし、伐採や掘削などの土木工事は土木業者が得意とし、植栽や剪定などを得意とするのが本来の植木屋の携わりです。ですから、樹木や草花が沢山あり、それを運んで植樹するまでという考えを持ちましょう。中には、松や桜専門の植木屋もいるようで、植木屋や庭師を兼ねているという見方さえされています。植物に関する知識と技術を持っているため、庭木に限定した相談に応えてくれます。庭づくりの依頼ができないのかという問題も出るでしょうが、今は、農業やガーデニング関連での連携先となり、庭師や住宅メーカーなどとタックを組んだり、W資格を取得して庭づくりにも携われるような仕組み、サービスが確立しています。庭石、樹木や芝、池などの和風の庭を造形する、空間づくりの設計から施工することが可能です。

職人を雇う料金

園芸用品

自分で庭づくりがしたいけれど、最初のレイアウト作成、土木工事だけ任せる、アドバイスしてほしい、こうした仕事も担います。ですが、植木の剪定に長けているため、手入れに利用するならば、気になるのは費用や相場でしょう。職人1人を雇うとして、日当相場は15000円から30000円台で、1時間あたりの相場は2000円台で雇うことができます。技術を有していて、同じものをつくらない付加価値が話題で、匠と呼ばれるからこそ技術(センス)が評価されています。明瞭会計は庭木1本からでしょうが、庭木の手入れ、剪定、芝生の手入れなど、植木屋への依頼内容は様々です。費用は、造園なのか植栽なのか、この携わる内容にて差がありますから、見積もりを取りましょう。剪定料金(サイズ別に1本単価)、雑費やごみ処理などの手数料などを見積もりしてもらいましょう。追加料金が発生しない、予算内で作業してくれるのがプロです。

広告募集中